1. メタルマッスルHMB
  2. 腹筋のパック数は8・10パックもある!

腹筋のパック数は8・10パックもある!

腹筋を教える男性

腹筋と言えば6つに割れているものと思っていませんか。確かに多くの人は6つに割れた状態、つまり6パックの腹筋となっています。しかし、世の中には8パックや10パックの腹筋も存在するのです。今回は腹筋とパック数について説明していきましょう。

腹筋のパック数とは

腹筋をよく6パックと呼びますよね。これは多くの人の腹直筋が6つに割れているため。腹直筋とは人間の正中線の周りにある筋肉のことで、真ん中の縦1本線と何本かの横線で構成されています。横線が多ければ当然ながらパック数も多くなるわけで、通常より横線の多い方は8パックや10パックとなるわけです。

パック数は減らない増えない

まず知っておきたいのが腹筋とは鍛えることでパック数を増やすものでないこと。よく腹筋運動を何度も行うことで腹筋を作っていると勘違いしている方がいますが、腹筋とは初めから割れているもの。それがお腹周りの脂肪に邪魔された見えないため、多くの人は腹筋の割れた状態を拝めないわけです。

つまり、お腹周りの脂肪を落とせば誰でも腹筋が見えるということです。そのため、腹筋は自分の力で増やしたり減らしたりはできません。腹直筋の割れた数、つまりパック数については生まれながらのものであり、いくら努力しても数は変わらないのです。

ネットで10パックの画像に憧れて筋トレをはじめても、あなたの腹直筋が6つにしか割れていなければ6パック以上にはなりません。とはいえ、どのパック数も腹筋に変わりはなく格好いいもの。自分のパック数を受け入れて筋トレに励みましょう。

パック数が違って見えることも?

パック数の増減は不可能ですが、鍛え方によっては自分のパック数とは違った見え方をする時があります。簡単に言えば、本来は8パックなのに見た目は6パックなことも。これは本来は8パックなのに鍛え方の影響から2つの筋肉が見えにくいためですね。下腹部のトレーニングを行っていると8パックが見えてこないことも多いので、リバースクランチなどの筋トレも積極的にとりいれるようにしましょう。

4パックの腹筋もある

腹筋のパック数は6パック、8パック、10パックだけではありません。実は4パックという腹筋も存在しています。代表的なのはボディービルダー界で有名な田代誠さんですね。彼は珍しい4パックの持ち主。気になる方は画像を検索してみるといいでしょう。非常に筋肉隆々なボディに対して腹筋の数が少ないのを見ていると、どれだけ頑張ってもパック数の増減が無いとお分かりいただけると思います。

●関連する記事●
腹筋を割るための食事方法・メニュー

●おすすめサプリ●
メタルマッスルHMBの気になる口コミ

© 2017 メタルマッスルHMBの気になる口コミ All Rights Reserved.