1. メタルマッスルHMB
  2. 腹筋を割るための体脂肪率はどれくらい?

腹筋を割るための体脂肪率はどれくらい?

体重計にのる人

高すぎれば生活習慣病などを引き起こし、見た目的にも最悪なのが体脂肪。体脂肪計に乗った時に30%など高い数字が表示されると心底がっかりしますよね。そんな体脂肪率、どのくらいまで落とせば腹筋を割ることが出来るのでしょうか。

実は腹筋は誰でも割れている

腹筋を割る体脂肪率を説明する前に知っておきたいのが、実は誰でも腹筋は割れているという事実。よく筋トレで腹筋を割ると表現しますが、これは正確には間違っていて、本当は腹筋を見える状態にするわけです。私たちのお腹周りには脂肪が付着しており、それが腹筋を隠している状態。つまり、お腹の脂肪を落とせば自然と腹筋が見えてきます。

腹筋を割る体脂肪率はどれくらい?

腹筋は体脂肪率が15%程度になると、少しずつ見えてきます。ただ、15%くらいあると、まだ割れているとは言いづらいですね。おそらく10%を切るあたりで6つに割れた腹筋が見えてくるでしょう。8%程度になるとさらにしっかりと、それ以下だとボディビルダーのような腹筋になってきます。

つまり、ボーダーは体脂肪率10%。腹筋を割るならそこを目指してみてください。男性の標準的な体脂肪が15~20%程度なので、それなりの努力が必要そうですね。ちなみに、女性の場合は体脂肪率15%あたりから腹筋が見えてきます。

ただ、標準的な体脂肪が20~25%と女性の方が高いので、決して楽とは言えません。女性の場合はホルモンの影響で皮下脂肪が落ちすぎないようになっていますしね。体脂肪率と腹筋の状態をまとめた画像も存在するので気になる方は検索してみるのもいいでしょう。

腹筋だけでは体脂肪は落ちない?

ハードなイメージの強い腹筋運動ですが、実は消費カロリーは少なめで15回程度がんばっても15kcal程度しか消費されないと言われています。そのため、腹筋運動だけではなかなか体脂肪率は落ちません。お腹周りのお肉を落としたいと思うのなら、腹筋運動だけでなく他の運動もとりいれる必要があるでしょう。

また、カロリーが高すぎる食事もよくありませんね。タンパク質の摂取量を落とさない範囲でカロリー調整を行ってみてください。もし難しそうならプロテインなどで効率的にタンパク質を摂取する方法もあります。他にも脂肪燃焼効果の高い有酸素運動をとりいれたり、全身の筋トレで基礎代謝を高めたり、体脂肪を落とす方法は様々。今まで腹筋運動に固執していた方はこれを機に見直してみてはいかがでしょうか。

●関連する記事●
腹筋のパック数は8・10パックもある!

●おすすめサプリ●
メタルマッスルHMBの気になる口コミ

© 2017 メタルマッスルHMBの気になる口コミ All Rights Reserved.